処方箋調剤


患者様お一人お一人の「かかりつけ薬局」を目指します

何よりも患者様のことを1番に考える薬局でありたいと考えています。

薬は正しく使っていただきたいと考え、患者様の薬に対する不安を解消し、疑問に的確にお答えしたい、細心の注意を払って調剤をすること等

基本的な事を大切にしながら患者様と接していきたいと考えています。

何か困ったことがあったらハル調剤薬局に行けばいいと思われるように取り組んでいきます。

安心・安全な調剤体制

薬の取り間違いやレセコンの入力間違いなどをなくすために 薬の鑑査システムであるミスゼロ子を導入しています。

散薬についても散薬監査システムと連動しているので、薬の分包間違いも防げるようになっています。

飲みやすさの工夫の提案

飲み忘れが多く、残薬が多かったり 反対の飲みすぎて薬が足りなくなることはよくお聞きします。

そんな時には 薬の服用時間ごとに分包(一包化)してお渡しすることをお勧めします。

患者様の状況に応じて、別包や印字やラインなどご希望に応じて行います。

特に施設などに行かれる方の場合には ご利用されることをお勧めします。

残薬整理の実施

飲み忘れた薬や以前もらって飲まなくなった薬など自宅にありませんか?

ご自宅に残っている薬をお持ちいただくと 処方される日数を医師に連絡して調整していただいたりして薬を整理いたします。

ジェネリック医薬品(後発医薬品)のご案内

先発医薬品の特許が切れると ジェネリク医薬品が製造、販売されます。

効き目や安全性は厚生労働省から先発品と同等と承認されたものなので安心してご利用いただけます。

お薬代は安くなります。先発品よりも飲みやすいジェネリック医薬品も多く販売されています。

薬局で「ジェネリック医薬品で」とお伝えいただければ変更できます。医師の確認が必要な場合もありますので、薬剤師にご相談ください。ジェネリック医薬品がまだ発売されていないお薬もあります。